2018年05月29日

TVシリーズと劇場版三部作と『復活』のこと

皇道感想でも書きましたが、私はシャーリーのことをきっかけに、TVシリーズと劇場版と『復活』について整理がつかずもやもやしていました。
何か大変なことが起きた。でも何がどう大変なのかわからない。わからないまま心が引き裂かれそうな感覚になりました。そして同時に、これはもはやどうしようもないこともわかっていました。
友人のブログでこの感覚が余すところなく言語化されており、それでわかったことは、劇場版の続きで『復活』を作っていると知った瞬間、あの『コードギアス 反逆のルルーシュ』の世界はもう終わってしまったとわかり、それがたまらなく悲しかったんだな…ということでした。

『皇道』が素晴らしい映画だということは確かで、とてもわかりやすくなっていたし、たくさんの萌えも輝きもある。ただ『復活』が『R2』の続きではなく劇場版の続きであり、長年愛し崇めてきたTVシリーズの『コードギアス 反逆のルルーシュ』の世界は終了してしまったということがとても悲しいのです。
劇場版のイベントで登壇者の方が頻繁に「TVシリーズも見てくださいね!」というお話をされているけれど、もはや何のためにTVシリーズを見てくれと言っているのだろう…??むしろ劇場版しか知らない人がTVシリーズ見て『復活』見たら混乱するのでは?と思ったりもしました。

『復活のルルーシュ』は、TVシリーズからすれば復活というより、生まれ変わりに近いのではないかというのが私の結論でした。

そして一晩中考えてたどり着いた自分なりの答えが、これです。
劇場版は、この形であれば『復活』できる、という制作陣の回答なのではないか。
TVシリーズは、あれで完成された傑作だった。多くの人が「この美しい終わり方のままで、続編など無くてよい」「無理に続編作って駄作化するのは嫌だ」「でもコードギアスを終わらせたくない」と様々なことを言っていた。そしてコードギアスはメガヒットビッグタイトルであり、ファンも極めて根強く、復活することになった。
しかし、あの形で終わり完成されきった素材であるコードギアスをそのまま続けるのは実際問題不可能に近い。
よって、今回の劇場版は「この形なら続けていける」且つ「この形ならコードギアスの魂は守られる」というギリギリのところなのではないか。
じつは『復活』は劇場版もセットで、『興道』が始まったときから『復活』は始まっていたと考えるべきなのかもしれない。
そうなると、『復活』にあたって劇場版かTVシリーズかという二者択一論は無くなる。
そして、制作陣は『復活』のために劇場版を作ることで、むしろTVシリーズを守ったのではないか。
だからこそ、「TVシリーズも見てくださいね!」と皆さんが何度も言っているのだ。

私はコードギアスを、ルルーシュを愛しているから、復活ではなく生まれ変わりだとしても、『復活のルルーシュ』を見るし愛していきます。
ただ、ずっと愛していたコードギアスとルルーシュは永遠の眠りについたということを悲しみ悼むことは許されたい。永遠のお別れをしっかり悲しめば、少しは前を向けるのではないかと思います。

TVシリーズのコードギアスに、ルルーシュに、心からおつかれさまと言いたい。そして、ありがとう。
コードギアスよ、10年間、私の世界をフルカラーに変えてくれてありがとう。私の心の中にずっといて私を支えてくれたし、これからも変わらずいる。また新しいコードギアスに出会ったんだ。けど、心の中第一位は変わらないよ。
ルルーシュがんばったね。もうゆっくり休んでほしい。このTVシリーズの世界線のルルーシュは人生を全うしたし、もう十分に頑張った。C.C.との約束も果たしたと見ていいと思う。世界のことはスザクにまかせられるのだから、もう何も思い悩むことなく、心おきなく休んでほしい。スザクもきっと数十年後にはまたそちらに行く。

本編沿いの漫画をいろいろと描いてきましたが、いま初めてやっと、ルルーシュを、このコードギアスという世界を成仏させられた気がします。
涙が止まらない。よかった、成仏させてあげられて。どうしてこんなに涙が止まらないんだ。


今日拍手をくださった方、コメントをくださってありがとうございました。そう言っていただけて、ルルーシュを愛してきて本当によかったと、むくわれたような気持ちに10年目で初めてなりました。


コードギアスという作品を大切に大切にしてくださって、谷口監督はじめコードギアス制作陣の皆様に、心から感謝したいと思います。
posted by nuts at 22:51| 萌えがたり

2018年05月27日

皇道:ルルーシュの匂いについて

皇道で、映画館のスクリーンで観たことで、新たに感じたことがあります。
それは、ルルーシュの匂いです。

生きている人間って、湿り気のようなかすかな湿度と、その人特有の匂いがありますよね。
黒の騎士団に裏切られたルルーシュを、ロロが蜃気楼で助ける場面、あのコクピットの中の様子を見ながら、「ロロはルルーシュの匂いを感じているんだろうな」とふと思いました。
ロロはもちろん兄さんを助けるべく決意してあの行動をとったのだと思いますが、実際に蜃気楼のコクピットの中でルルーシュの匂いを感じて、今までの記憶や、ルルーシュという存在そのものを強く感じ、改めて「命をかけてでも兄さんを助けよう」と固く決意したと思うのです。

ゼロレクイエムでスザクがルルーシュを刺した瞬間に涙があふれたのも、ルルーシュの匂いを感じたからではないかと思いました。
TV放送時の頃から、刺した直後に一気にスザクの涙があふれるのはなぜだろうと薄ぼんやり考えていましたが、今回スクリーンで皇道を見て、これはもしや匂いを感じたからなのではと気付きました。

この匂いと湿度は、「その人が生きている」という事実そのものです。
昔から距離の近いルルーシュとスザク。スザクはルルーシュの匂いを幾度となく感じてきたでしょう。ジュリアスにされていたときも、もしかすると匂いはルルーシュのままで、スザクは余計に苦悩したのかもしれません。皇帝と騎士になってからは、特にこのルルーシュの匂いと湿度をスザクは敏感に感じていたのではないかなと思ったりします。
20180527匂い.jpg

パレードの山車の上でルルーシュを刺し、ルルーシュが自分にもたれかかったとき、スザクはルルーシュが生きていることを改めて実感し、同時にそれを自分の手で消してしまったことを実感した。ルルーシュが血に濡れた手でスザクの頬に(仮面越しに)触れたとき、その匂いと湿度はいっそう濃くスザクを包んだことでしょう。
とてもとても悲しくて、やりきれません。
もう一度スザクを、ルルーシュの匂いで包んであげたい。『リザレクション』がどうなるのか、見当もつきません…。
posted by nuts at 21:36| 萌えがたり

2018年05月26日

『皇道』を観て

『皇道』は、観る度に新しい感じ方がありそうな気もするので、まずは2回だけ見た状態の感想メモです。


スザクがビスマルクと対峙した後、「ルルーシュ、君がこれ以上罪を重ねることはない!」というようなことを言いながらルルーシュのもとへ走っていくシーンで、涙があふれました。
TV本編では、「ルルーシュ、それは僕の十字架だ!」という台詞だったところです。

内容はほぼ同じなのだけど、今回の台詞はスザクがルルーシュのことを思って言っている部分が前面に出ていて、スザクは、いろんなことがあったけれども、本当にルルーシュのことを大切に考えているし、ルルーシュに優しいんだよな…と思うと一気に涙があふれてしまいました。

スザクはまず根がとても優しい人なんだ。
そしてとりわけルルーシュに優しくて、ルルーシュに甘くて、ルルーシュに弱い。
しかしスザクは人に優しいと同時に、自分に厳しく自己抑制が強いので、その気性がゼロの罪をしてルルーシュに対する感情を抑え込み、普段はあまりルルーシュへの優しさ、甘さ、弱さが出てこない。
だから気を抜いたり余裕が無かったりすると、ふとした瞬間にそれが漏れるんだな。そう思いました。


正直、『皇道』はいろいろ思うところはありました。
いろいろというか、ほぼシャーリーについて。

シャーリーがルルーシュにとって完全に蚊帳の外になってしまい、私がシャーリーなら「いっそ殺せ!」って思うよな…とか、あのTV本編でのシャーリーの死はルルーシュという人にとてもとても大きな影響を残していて、シャーリーはルルーシュの一部になっていたけど、これだと…とか。
そして、谷口監督のお言葉を読んで、「テレビシリーズを否定するものではありません」「あのときの私達の精一杯の答えです」というところで、「それって結局シャーリーは死なない方がよかったってことで、それはTVシリーズのあのシャーリーの死を否定しているのでは…?」と思い、苦しくなってどう受け止めていいのかわからない部分もまだあります。
そしてどうやらTV本編ではなくこの劇場版の続きとして『復活』を作っているようですから、それはいったいどうするつもりなのか、言いようのない不安に襲われたりもしました。


しかし、EDの、ルルーシュの斜め後ろからの横顔を見ていて、気付きました。
私はルルーシュを愛している。

私はルルーシュを愛しているんだ。
この人を愛してしまったんだ。もう後戻りはできない。
愛している。
ルルーシュ、愛しているよ。
これから何年もともに歩めるのなら、どんな道でもかまわない。見届けよう。それ以外の選択肢はない。

そう感じたら、光に包まれるルルーシュの横顔を見てもう涙が止まらなくて、メイクきれーに全部落ちたなというくらい泣いてしまい、終了後の舞台挨拶でも涙の余韻が消えずという、わけのわからないことになってしまいました。

たぶんあの横顔のカットは、そういう、ルルーシュを一人の人として愛している人間がたくさんいることを知っているからこそのカットだろうと思います。
これってつまり、制作スタッフさんを通じて、ルルーシュと我々ファンは両想いということだよな、と思うのです。


『皇道』は何度も観ることで、どんどん腹落ちしていくのではと期待しています。
posted by nuts at 22:34| 萌えがたり

『皇道』舞台挨拶メモ

『コードギアス 反逆のルルーシュ 皇道』始まりましたね!
前日25日の夜に行われた『叛道』生コメンタリー+『皇道』先行上映と、今日26日の最速舞台挨拶@新宿バルト9に行ってまいりました。
舞台挨拶について自分のための記録ということで、印象に残っている部分のみメモします。

登壇者:福山さん、櫻井さん、土屋P
司会:サンキュータツオさん(タツオさんの司会は、出すぎず、ツッコむべきところを気持ちグイっとめにツッコみ、作品への敬意があり、ファンとしては心地よい司会です)

20180526皇道2.jpg

福山さんと櫻井さんのいで立ちはこんな感じでした。
櫻「あえて二人とも白を選んだ、そこにもこだわりが表れているんです」
福「俺、インナーに赤を着ようとしてたんだけど、色合わせを見たらこれはダメだって感じでやめた」

福「一年前の4月から興道を収録し、そこからずっと収録→公開の繰り返し」
櫻「今回の全編録り直しは、当時はやりたくてもできなかったことも含め、もっと豊かな芝居ができるのではないかと、リベンジではなくリトライ」

■印象に残るシーン
福「土の味。シーンを見返すと、自分で記憶していたイメージよりルルーシュが頭を下げていなくて、けっこう高い。スザク、めっちゃ足上げてる」
20180526皇道1.jpg
わかる(笑) そしてここまで足をさらっと上げられるスザクは、やはりアスリートなんですよね。筋肉が上質で柔らかく、自分の身体をきちんとメンテしており、関節の可動域が広い。

福「あと、スザクがフレイヤを撃った後、斑鳩でロロをなじるシーン。ここは先輩に唯一褒められた演技(笑)」
櫻「カレンとのバトル。戦いを通じてのやりとりというところ。TV当時は監督から、ルルーシュに向けるべき意識が目の前のカレンに向いていると言われていたが、今回はそこがしっかりルルーシュに向いているねと言われたのでよかった」
土「スザクとカレンのラストバトルに、挿入歌を上手く入れることができたこと。クライマックスのロボ戦に挿入歌をつけるのはサンライズによくある演出。今回とても上手くいった」
櫻「これ、いいよねー。憧れだよ」福「いいよね!」櫻「歌詞で言葉を積み上げていってさ、かっこいいんだよね」

■エンディングテーマについて
土「サバプロさんについては、まず男性ボーカルでいこうという話があった。コードギアスの内容に合わせて曲を作ってもらった」
「谷口監督からサバプロさんに、ルルーシュを称えてくれ、ルルーシュの生き様を肯定してやってくれ、とお願いした。そうしたら、素晴らしい曲が出来てきた」

そして、舞台挨拶が終わり、登壇者お三方が退場した後…
サ「皆様に感謝を込めて、キャラクターデザイン木村貴宏さんが、ここに来てくださっている皆様だけのために描き下ろしてくださいました!撮影時間3分あります!どうぞ!」
客席 \ギャー――――――――――――――――ッ!!!!!!!/
evernote140145828524301.jpg

この計らい、このルルーシュの表情、姿。
制作スタッフ皆様の、我々ファンへの気持ちを身に沁みて感じました。
とても幸せです。
キセキのアニバーサリーでも我々ファンへの気持ちを感じさせてもらったことを思い出しました。
コードギアスのファンで幸せです。
posted by nuts at 21:28| 萌えがたり

2018年05月13日

脱稿ー!!

おひさしぶりです!!おひさしぶりすぎて恐縮ですが……

6月のFULL CODE 6の原稿、脱稿及び入稿いたしましたー!!!!!!

いぇーーーーーー

来週末は原稿できないし、皇道上映が迫っているし、夏コミはFULL CODEから思ったより日が無いしで、だいぶ前から「なんとか5月12、13日の週末に入稿できたらいいな〜、でもまぁそんなのかなり無理ゲーだよな…ハハッ…」とうっすら思っていたのですが、ゴールデンウイークに思ったより怒涛の勢いで進めることができまして、めでたくスケジュールどおりとなったわけであります。
ゴールデンウイークは原稿の犠牲となったのだ…いや、興道叛道の発生上映には行きました!めっちゃステージと近くて、コウジロウさんが近すぎて震えました。

しかし返す刀で夏コミのネームを始めたいと思います(シナリオ、ページ割まではできている)。
スザルルの女の朝は早い。
posted by nuts at 22:22| 単なるつぶやき