2018年05月26日

『皇道』を観て

『皇道』は、観る度に新しい感じ方がありそうな気もするので、まずは2回だけ見た状態の感想メモです。


スザクがビスマルクと対峙した後、「ルルーシュ、君がこれ以上罪を重ねることはない!」というようなことを言いながらルルーシュのもとへ走っていくシーンで、涙があふれました。
TV本編では、「ルルーシュ、それは僕の十字架だ!」という台詞だったところです。

内容はほぼ同じなのだけど、今回の台詞はスザクがルルーシュのことを思って言っている部分が前面に出ていて、スザクは、いろんなことがあったけれども、本当にルルーシュのことを大切に考えているし、ルルーシュに優しいんだよな…と思うと一気に涙があふれてしまいました。

スザクはまず根がとても優しい人なんだ。
そしてとりわけルルーシュに優しくて、ルルーシュに甘くて、ルルーシュに弱い。
しかしスザクは人に優しいと同時に、自分に厳しく自己抑制が強いので、その気性がゼロの罪をしてルルーシュに対する感情を抑え込み、普段はあまりルルーシュへの優しさ、甘さ、弱さが出てこない。
だから気を抜いたり余裕が無かったりすると、ふとした瞬間にそれが漏れるんだな。そう思いました。


正直、『皇道』はいろいろ思うところはありました。
いろいろというか、ほぼシャーリーについて。

シャーリーがルルーシュにとって完全に蚊帳の外になってしまい、私がシャーリーなら「いっそ殺せ!」って思うよな…とか、あのTV本編でのシャーリーの死はルルーシュという人にとてもとても大きな影響を残していて、シャーリーはルルーシュの一部になっていたけど、これだと…とか。
そして、谷口監督のお言葉を読んで、「テレビシリーズを否定するものではありません」「あのときの私達の精一杯の答えです」というところで、「それって結局シャーリーは死なない方がよかったってことで、それはTVシリーズのあのシャーリーの死を否定しているのでは…?」と思い、苦しくなってどう受け止めていいのかわからない部分もまだあります。
そしてどうやらTV本編ではなくこの劇場版の続きとして『復活』を作っているようですから、それはいったいどうするつもりなのか、言いようのない不安に襲われたりもしました。


しかし、EDの、ルルーシュの斜め後ろからの横顔を見ていて、気付きました。
私はルルーシュを愛している。

私はルルーシュを愛しているんだ。
この人を愛してしまったんだ。もう後戻りはできない。
愛している。
ルルーシュ、愛しているよ。
これから何年もともに歩めるのなら、どんな道でもかまわない。見届けよう。それ以外の選択肢はない。

そう感じたら、光に包まれるルルーシュの横顔を見てもう涙が止まらなくて、メイクきれーに全部落ちたなというくらい泣いてしまい、終了後の舞台挨拶でも涙の余韻が消えずという、わけのわからないことになってしまいました。

たぶんあの横顔のカットは、そういう、ルルーシュを一人の人として愛している人間がたくさんいることを知っているからこそのカットだろうと思います。
これってつまり、制作スタッフさんを通じて、ルルーシュと我々ファンは両想いということだよな、と思うのです。


『皇道』は何度も観ることで、どんどん腹落ちしていくのではと期待しています。
posted by nuts at 22:34| 萌えがたり

『皇道』舞台挨拶メモ

『コードギアス 反逆のルルーシュ 皇道』始まりましたね!
前日25日の夜に行われた『叛道』生コメンタリー+『皇道』先行上映と、今日26日の最速舞台挨拶@新宿バルト9に行ってまいりました。
舞台挨拶について自分のための記録ということで、印象に残っている部分のみメモします。

登壇者:福山さん、櫻井さん、土屋P
司会:サンキュータツオさん(タツオさんの司会は、出すぎず、ツッコむべきところを気持ちグイっとめにツッコみ、作品への敬意があり、ファンとしては心地よい司会です)

20180526皇道2.jpg

福山さんと櫻井さんのいで立ちはこんな感じでした。
櫻「あえて二人とも白を選んだ、そこにもこだわりが表れているんです」
福「俺、インナーに赤を着ようとしてたんだけど、色合わせを見たらこれはダメだって感じでやめた」

福「一年前の4月から興道を収録し、そこからずっと収録→公開の繰り返し」
櫻「今回の全編録り直しは、当時はやりたくてもできなかったことも含め、もっと豊かな芝居ができるのではないかと、リベンジではなくリトライ」

■印象に残るシーン
福「土の味。シーンを見返すと、自分で記憶していたイメージよりルルーシュが頭を下げていなくて、けっこう高い。スザク、めっちゃ足上げてる」
20180526皇道1.jpg
わかる(笑) そしてここまで足をさらっと上げられるスザクは、やはりアスリートなんですよね。筋肉が上質で柔らかく、自分の身体をきちんとメンテしており、関節の可動域が広い。

福「あと、スザクがフレイヤを撃った後、斑鳩でロロをなじるシーン。ここは先輩に唯一褒められた演技(笑)」
櫻「カレンとのバトル。戦いを通じてのやりとりというところ。TV当時は監督から、ルルーシュに向けるべき意識が目の前のカレンに向いていると言われていたが、今回はそこがしっかりルルーシュに向いているねと言われたのでよかった」
土「スザクとカレンのラストバトルに、挿入歌を上手く入れることができたこと。クライマックスのロボ戦に挿入歌をつけるのはサンライズによくある演出。今回とても上手くいった」
櫻「これ、いいよねー。憧れだよ」福「いいよね!」櫻「歌詞で言葉を積み上げていってさ、かっこいいんだよね」

■エンディングテーマについて
土「サバプロさんについては、まず男性ボーカルでいこうという話があった。コードギアスの内容に合わせて曲を作ってもらった」
「谷口監督からサバプロさんに、ルルーシュを称えてくれ、ルルーシュの生き様を肯定してやってくれ、とお願いした。そうしたら、素晴らしい曲が出来てきた」

そして、舞台挨拶が終わり、登壇者お三方が退場した後…
サ「皆様に感謝を込めて、キャラクターデザイン木村貴宏さんが、ここに来てくださっている皆様だけのために描き下ろしてくださいました!撮影時間3分あります!どうぞ!」
客席 \ギャー――――――――――――――――ッ!!!!!!!/
evernote140145828524301.jpg

この計らい、このルルーシュの表情、姿。
制作スタッフ皆様の、我々ファンへの気持ちを身に沁みて感じました。
とても幸せです。
キセキのアニバーサリーでも我々ファンへの気持ちを感じさせてもらったことを思い出しました。
コードギアスのファンで幸せです。
posted by nuts at 21:28| 萌えがたり