2019年02月09日

『復活のルルーシュ』スザクに対するルルーシュのこと

ルルーシュは、スザクとナナリーのことをもっと直接的に大切にしてほしい。
ルルーシュは、スザクとナナリーのことをもっと直接的に大切にするはずだ。
これに尽きます。

先程の記事にも書きましたが、今回最もつらいのは、スザクとナナリーが納得を得るシーンが無いままルルーシュが旅立ってしまったことです。
ナナリーは決して「自分は独り立ちできるからお兄様は邪魔」だなんて思っているわけがないし、スザクはルルーシュから雑にゼロ衣装を返されてとまどっています。
その状態しか見えていない視聴者である私は、スザクとナナリーに対してルルーシュがそこまで雑な対応をするとは思えなくて苦しいのです。特にスザクは、自分はゼロに向いていないと思いつつ覚悟を決めて頑張っていることが改めてわかりました。

スザクは、「自分はゼロに向いていないかもしれない」とひそかに思いながら、しかしルルーシュから託された願いを叶えるべく、不退転の覚悟でゼロを務めているということが、今回はっきりとわかりました。
ルルーシュが死んでしまったからこそ、自分は逃げずベストを尽くしてゼロを務めると覚悟しているスザク。
そこにルルーシュが生きて現れた。

スザクからすれば、新入社員なのに先代のカリスマ創業社長のふりをしなければならないのです、ずっと。
おいそれといろんな人に聞くわけにもいかず、知らないとも言えず、スザクは気を張りつめて頑張っているでしょう。しかしKMFパイロットの頃と違って、褒めて評価してくれる人は誰もいない。
そして先代社長が生きて現れて、指揮を執り始めた。それはどんなにつらい状況か。
ルルーシュには、ゼロとしてこれからも生きるスザクに、してやれることがたくさんあっただろうと思うのです。スザクを褒めて、「ゼロを務められるのはお前だからだ」「その理由はこういうところにある」「俺はずっとお前を見ているよ」と伝えてあげるだけで、スザクは救われたはずです。

だからこそ、ラストシーンで「これ、返すぞ」などと雑に衣装を返してはいけなかった。
ルルーシュは誰よりもスザクのことを大切に思っているし、誰よりもスザクのことを評価している。高く評価しているからこそ雑なのかもしれませんが、そこは生き返ったからにはしっかりスザクを支えてあげるべきだったのではないかと私は思ってしまうのです。

『復活のルルーシュ』を経てスザクの孤独がいっそう深まり、ゼロレクイエム以上につらくなっている可能性もあるかと思います。スザクのことをわかりやすく大切にしてあげてほしい。しっかり話してあげてほしい。
エンドロールのゼロスザクの後ろ姿を見ていて、壮絶な孤独を感じて、胸が締め付けられて涙が止まりませんでした。なぜこんなつらい気持ちで観終えなければならないのか。
どうかルルーシュ、スザクの孤独をやわらげてあげてほしい。ルルーシュにしかできないことがたくさんあるんだ。
posted by nuts at 20:47| 萌えがたり

『復活のルルーシュ』感想、そして

いい話と悪い話がある。どちらから聞きたい?
オーケー、いい話からしよう。

『復活のルルーシュ』見てきました。
0時最速で観て、そこから眠れず話し続けて、8:30新宿バルト舞台挨拶回を観てきました。

萌えはたくさんありました。
シーンによっては2000点満点くらいのところもあって、シーン別に見たときの数値の上下がすごい。すごすぎて、最高なところとどうしても受け入れがたいところとが入り乱れ、総合点が全くつけられずにいます。

もう本当に素晴らしいシーンが満載だったんです。
まず、事前に見ていた冒頭のスザクの戦闘シーン、不利な状況でも優れた判断と技術でどんどん敵を撃破していくスザクのパイロットとしてのかっこよさがとてもあった。
カレンはどこまでも私の知っているカレンで、カレンがこらえきれずルルーシュに抱きついてわんわん泣いたとき、私もぼろぼろ涙が出ました。そうだよねカレン、ルルーシュにいてほしかったよね、でも一人でルルーシュの死を受け止めて頑張ってきたんだよね。
作画がもうひたすら素晴らしかったのだけど、ルルーシュの復活したとき〜大監獄崩壊くらいの作画が特に素晴らしすぎた。もうルルーシュが…ルルーシュが綺麗でかっこよくてかわいくて品があってあどけなさもあって美人で、すごかった。一枚一枚ポスターにできる作画。すごかった。

そして何より、スザクが助けられて目を覚まし、ルルーシュと再会するシーンですよね。
スザクが目を覚まして驚くのに対し、「確かめてみろ」と言って触られるのを待つルルーシュ。エッチ度合いが天元突破していてちょっとルルーシュ…ちょっと…!スザクも両手を顔に近付けてそして少し躊躇して、指で頬にそっと触れる。
その後にここ、360度まわりながらのカメラワークで殴り手描き動画という超絶作画になっていて、このスザクとルルーシュの再会シーンへの制作側の熱意をびしびし感じました。わかる。ルルーシュが生きていたと知ったらスザクはルルーシュに対してボコボコに殴りかねない、ずっとそう思ってきました。ずっとそう思ってきた場面が具現化されていました。心から感謝したい。

ルルーシュとスザクの大監獄脱出時の会話も最高で、できればあのKMFを操縦しているスザクの様子を見せてほしかったなぁ。スザクを得ているルルーシュのノリノリ感がすごいし、ルルーシュと動くスザクの精神の安定ぶりもすごい。
ルルーシュの、目覚めてすぐに前向きに具体的に物事に対処するところもめっちゃルルーシュだった。私の知っている、私の好きなルルーシュがそこにいた。

そしてキターーーー屋根裏部屋で話そう合図からのやぐら?の上での二人きりのシーン!!!
うっ…ここでその合図…めっちゃ遠距離なのにスザクも見てた…そして気持ちを簡潔に素直に言葉にするスザク。ここのスザクの言葉は大切なことが凝縮されていて、スザクが長い間考えていたんだなと実感しました。しかも相変わらず自然と口説いてるし。顔近い近い!近い!そしてスザクの背が少しだけルルーシュより高くなっている!絶妙な身長差。
しかし、スザクがルルーシュに対して真正面から向き合っているのに対して、ルルーシュはスザクにあまり向き合わないんです。物理的にも精神的にも。ここはしっかり本の形にして自分なりに考察しようと思います。

ナナリーがしっかりルルーシュと話せたことは何よりも本当によかった。Cの世界で落下していくときにナナリーがしっかりルルーシュに抱きしめられていて、心からよかったねナナリー…!と思いました。頭を抱えて、身体を抱きしめて、お兄様が包み込んでくれる。この感触をナナリーが再び味わえてよかった。しかしナナリーに対してルルーシュは最後に…これは後半で触れます。


ここからはつらかったことを書きます。
本当につらい内容になっているので、読んでもいいと思える方のみ読んでいただければと思います。

続きを読む
posted by nuts at 20:27| 萌えがたり