2018年01月02日

冬コミありがとうございました!!そして拍手お返事

あけましておめでとうございます。
2018年もよろしくお願い致します!今年は叛道・皇道とますます公式が加速していく年、振り落とされぬよう、しっかり踊れるよういろいろ整えて臨みたいと思います!

年をまたいでしまいましたが、冬コミおつかれさまでした!
お立ち寄りくださった方ありがとうございました!!
本をご購入くださるだけでもありがたすぎるのに、その上お声をかけてくださったり、お手紙や差し入れをくださったり、本当にありがとうございます。
今回は、「最近ギアスにはまりました」「映画でひさしぶりに舞い戻ってきました」というお声をいつになくしばしばいただきまして、ああギアスを描き続けていてよかったなぁ…としみじみと幸せを感じています。

今回の新刊2冊、お楽しみいただけると嬉しいです。
塗り絵もよろしければぜひテキトーに塗ってみてください。私も自分で塗ってみようと思います。そう、ターボの原稿が終わればね…。この原稿が終わったら、俺、塗り絵を塗ってみようと思うんだ…(フラグ)
思えば、15日間しか間隔が空いていないイベントになぜ新刊を立て続けに出そうと考えたのか、あまりの忙しさに頭が沸いていたとしか思えない\(^o^)/何でや自分。しかしながらやると決めたのでベストを尽くしてみます。
こういうとき、または仕事で無茶なミッションを課されたとき、行政特区のときのコーネリア様の「公の政策を軌道にのせるのは、総督として当然の処置です」という言葉をいつも思い出します。びたいち公の政策じゃないけど…!

在庫状況は、冬コミを経て『VACATION!』『サタデー・ナイト・ラヴァ―』が残りわずかとなりました。
他はまだ潤沢に在庫があります。冬コミの新刊2種も、ターボにて頒布します。
ターボのインフォはまた後日、もう少し直前にお知らせします。


拍手にて冬コミ新刊の感想をくださった方、拍手をくださった方、ありがとうございます!
以下、お返事です。


+++

>12/30「覚えてなどいらっしゃらないでしょうが本日〜」の方
ご感想ありがとうございます!!舞い戻り、おかえりなさいませ!
気高い矜持、魂の輝き、まさにスザルルのそこに私は惹かれておりまして、そう読み取っていただけたならとても嬉しいです。非常に優れた能力や美しさを持ちながら、運命のような大きなものにがんじがらめに絡めとられている青年二人は、とても尊く感じられます。
当サークルを発見してくださってありがとうございます。定期的にイベントに参加して本を描いておりますので、よろしければまたぜひ覗いてみていただけると幸いです。叛道、皇道、とっても楽しみですね!!

>12/31 kizimia様
ご感想ありがとうございます!まさか大晦日に拙本をお読みいただいてご感想を書くほどのお時間を費やしていただけるとは思わず…!恐悦至極です。
マリアンヌが殺された際のルルーシュのことを改めてじっくり考え、自分なりに追体験してみたとき、ルルーシュの受けた衝撃というものは五感に鮮烈に訴える生々しいものだったのではないかと思いました。そしてそれが、その後の人間形成に大きな影響を及ぼしていてもおかしくないのではと感じました。
ルルーシュもスザクも、我々は断片的にしか見ていませんが、17年ほどを生きてきての今なので、見ることのできない部分をいろいろ想像し考えて、どういう人間となっているのか、考えるのはとても楽しいです。
そしてルルーシュは、スザクと再会できて純粋にとても嬉しかったのではないかと私も思います!その嬉しさをもっともっとそのまま味わえたらどんなによかったか…。叛道・皇道がとても楽しみです。
posted by nuts at 20:12| 萌えがたり