2018年02月10日

叛道 初見感想!

・描き下ろし多すぎる。

・そういえば劇場三部作のユフィは、スザクが下にいることもスザクの素性も知っていて落ちてきたらしいですよ。TV版はスザクが下にいることもスザクの素性も知らなかった設定らしいです。生コメンタリーで聴きました。

・式根島の生きろギアスの後のスザクがどうなったのかがよくわかった(ようなよくわからんような)

・神根島のくだり、続けて見られてめっちゃわかりやすかった。そして音楽変わっててすごく「動」って感じになっていた。

・神根島を脱出するカレンがかわいそうすぎた。叛道一かわいそうだった。

・ラウンズになって、ルルーシュが悪いことしていないかをすぐにでもAF学園に戻って確認したいのにEU出張に行かされるスザク、ルルーシュのことばっか考えて、めっちゃ気が散ったままEUめっちゃしばいてる。考え事しながらガンガンに敵を殲滅してる。チートかっこよすぎ案件。

・冬山でのほっこり特派。毛糸の帽子のスザクとロイドさんに、熊耳フードなセシルさんで冬の森で実験しながらマグカップふーふー。

・海外出張で飛行機移動するスザク。このシートはビジネスかな?飛行機の中でも資料読んでてサラリーマンしてる。

・ヴァルトシュタイン卿、上司にしたいラウンズナンバーワンか。スザクにとって人生初のまともな上司では?

・スザク、ロロに「君は、あの時の…」って、えっあの時って監獄という名の個室でジュリアスとまさにイチャイチャしてるとこ見られたときのこと!?すごいなスザクおまえ、そういうところ見られた気まずさとか無いの…ていうか叛道のスザクは亡国を経たスザクなんだな。ジュリアスに苦悩しメンタルギリギリのところまで煮詰まってジュリアスを受け入れたスザクなんだな。

・カノンさんがミサトさんだった(車)。ていうか全体的にカノンの存在感ハンパない。

・描き下ろしが多すぎる

・あの「屋根裏部屋で話そう」の合図出してルルーシュがどこまで記憶を取り戻しているか確認しようとするのエロすぎ。口パク「ユフィ」に匹敵するいかがわしさだった(嬉)

・スザクとルルーシュの肉弾戦アクションを見られる日が来るとは!いきなり反応するスザクかっこよすぎる。ていうかルルーシュじゃなくて小夜子なんだけど。

・とにかく明るいシュナイゼル 「慣れてないんだよ。妹たちに怒られるのはねっ☆」

・神根島無人島生活全カットだったけどすっきりしてわかりやすかった。

・描き下ろしがとにかく多い。

・全体的にスザクのIQ高くなってた。
 TVでは心情語られなかっただけでもともと高かったのかな………?そうだとしたらごめんねスザク。

・スザク、ルルーシュのことがゼロなんじゃないかって、気になって気になって早く学園に戻りたくて戻りたくて気が気じゃなかったんだな〜。

・スザクのYシャツの着替え!!!!!!!!
 腹チラ!!!
 ボタンせっせこ手早く一個一個とめるの育ちいい感じで最高かー

・ラストシーンのスザクでパーンなった
 こんなスザク見たことない
 その部屋何の部屋?執務室?まさか寝室?寝室だとしたらユフィの絵でかすぎて引くけど…ドエムすぎる。
 しかしひたすら耽美にかっこよすぎる

・ラウンズ服の上着脱いでアンダーで苦悩するスザク、めちゃくちゃ見たことあるし描いたことあるけどまさか公式でアニメで映画館大画面で見られるとは。

・叛道は土の味の直前までです。

・この流れで土の味やったらルルーシュ完全に殺される。


まとめ:

・とにかく描き下ろしが多すぎた。

・とにかくスザクのかっこよさが各種すごかった。
posted by nuts at 01:29| 萌えがたり