2018年10月06日

『復活』前売り券特典小説

※この感想はめちゃくちゃ腐向けの感想なので、受け付けない方は読まないようにお願いします。


大河内さんによる、ルルーシュ視点+スザク視点+C.C.視点の、ゼロレクイエム直前の小説だったんですけどね。
今回書き下ろしはC.C.視点のみで、ルルーシュ視点とスザク視点はCLAMP画集MUTUALITYで読んでいたはずだったんですけども。読んでいたはずだったんですけどね。

いろんな部分を忘れていた\(^o^)/

なので、ものすごく新鮮に、書き下ろし満載みたいな感じで読むことができました!(ポジティブ)
いや、一緒に朝イチでムビチケ買いに行ったお二人も同じ感覚だったので、忘れていたことにそこまでやべー感じはしなくて済みました(笑) お二人とも本編解釈、キャラ解釈に長けた手練れなので…。

なのでめちゃくちゃ新鮮な気持ちで感想書きますけど、とにかくスザクがルルーシュとの物理的接触をものすごく意識しているということがよくわかりました。
比べて、同じ小説を読んでいてもルルーシュは、スザクに対してわりと「わかりあえた」というような、精神的な部分をとても意識しているように感じます。
というわけで、「君にもっと近付きたい(物理)」「ああ、いいぞ(精神的にだろ?)」ということで、押し倒されてきょとんとするルルーシュという1万回読んだことのあるスザルルが再証明されたわけです!!
ていうかやっぱり、枢木スザクという人間の感覚は物理的な部分が大きいんだなって感じで、理解し合うためにこりゃセックスしてても不思議はない。むしろゼロレクイエムやるならセックスくらいしといた方がいい、スザクは。

あとね、二人だけの決め事が多すぎ
右手で左肘を触るっていうサインと、イエスユアマジェスティの二人限定独自解釈???
もう置いてけぼり感すごいわ〜〜〜〜スザルルってそういうとこあるわ〜〜〜(いい顔)
私そんなサインとかイエスユアマジェスティの意味とかそんなの知らなかった(本当は画集で知ってたはず)、だって夫婦のことなんて知らんやん?(キレ顔)

書き下ろしのC.C.視点パートは、正直あのゼロレクイエムのときはC.C.さんそんなこと思ってなかったよね?という感じで、これが『復活』に向けてのつなぎになるんでしょうね。
C.C.の気持ちの整理のついてなさがすごい。2008年TVのゼロレクイエムのときは、気持ちの整理ができた状態で教会に行って祈ってたんだろうと私は感じていたのですが、今回はこんな最後の最後にまでこんな今までどおりな含み持たせた会話する?全く納得できてなくない?と思ってしまいました。解釈厨系C.C.クラスタの人、息してる??私がその立場なら衝撃でかすぎて自分がどうなってしまうかわからないくらいだけど…(余計な心配)

ムビチケ買って速やかに渋谷に移動したら、大型ビジョンって早朝は電源入ってないんですね!早朝の渋谷の街をうろうろしてから朝ごはんをたべにお店に入り、そこでめちゃめちゃPVのことをしゃべってだいぶ落ち着きました。
結局大型ビジョンのPV映像は見られました!渋谷の街にスザクの声が響く…!
スザクの声ってめっちゃ通るんですね!!しかも声だけで100%イケメンだとわかる。イケメンが渋谷で怒ってた(破ったな、ルルーシュの残した平和を!)。
街の喧騒の中でスザクとすれ違っても、声だけで振り返れる。私、スザクに気付ける。すごい。櫻井さんすごい。
あとやっぱり拘束されてるスザクがえっちすぎるので街で流すにはやっぱりちょっと問題あると思います!(訳:ありがとうございます)

フルコード原稿やります!!!
posted by nuts at 16:09| 萌えがたり